バイタミックスでグリーンスムージー

バイタミックスのミキサーでグリーンスムージー作り。Vitamixのミキサー最安値、安い値段で買う方法や、比較など。

バイタミックスの平行輸入品なら安い?

バイタミックス11

バイタミックス(Vitamix)のミキサーを、平行輸入品なら安く買うことができるのかと問われれば、「はい、かなり安く買うことができますよ。」と答えられます。

楽天でTNC5200の平行輸入品を見つけ、送料込みのその値段と、国内正規品の送料込みの値段と比較すると、1万5千円ほど安かったです。

そして、バイタミックス(Vitamix)の日本の正規代理店が、現在扱っている家庭用バイタミックス(Vitamix)のミキサーは「TNC5200」のみですが、並行輸入品を利用すれば、アメリカで販売されている機種も手に入れることができます。

TNC5200と同じ性能であり、違いは概観やレシピのみという「CIA プロフェッショナル 」なども、TNC5200より1万5千円ほど安い値段で売られている店舗が楽天にありました。また、「ターボブレンド 2スピード」という機種なら、ボタンはシンプルになりますが、パワーは劣らず、価格はさらにTNC5200より3万円ほど安くなります。

ただ一般的には、まず、平行輸入品を購入する際には、注意点が3つあります。
  1. 電気規格が違うのでプラグ形状が少し違います。
  2. 故障した際に、日本国内での保証が受けられません。
  3. 取扱説明書などが、日本語対応してません。
以上の3点が、特に注意が必要になります。

平行輸入品について、アマゾンのヘルプに以下のような記述がありました。

「並行輸入品」とは、メーカーが認める日本国内の正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品をさします。一方で、「正規輸入品」は、日本の正規輸入代理店の提供する国内保証が有効で、修理や問い合わせ等いかなるサービスにおいても差別を受けないことが求められます。

電圧の問題については、並行輸入品でも、日米での電圧差が大きくないため、日本でも普通に使用できるようです。ただ、日本の方が、若干電圧が低いため、バッテリーの場合などは、寿命に多少の影響が出たりするという話があります。

それよりも何よりも、国内保障が受けられないという点が問題になるかもしれません。バイタミックス(Vitamix)は、メーカー保障が通常7年間付属しています。万が一、故障した際に、この保障をうけるために、自分で海外に輸送するなど、とても大変な手間であることは想像できます。

例えば、こちら(バイタミックス(高性能ミキサー)が壊れた!!)のブログの方は、バイタミックス(Vitamix)の平行輸入品を購入して、故障してしまい、その際の顛末記が、手に汗握る臨場感で書かれていました。最終的に、自分で奇跡的に同じ部品が売られているのを発見して、取り寄せて付けたら直ったそうです。


では、平行輸入品はやめておいたほうがいいのか?と問われれば、「いえ、そうでもないかもしれません」と答えられます。


個人が平行輸入品を販売しているような場合は、保障は購入した私たち任せのことが多いので面倒なことになりやすいですが、個人ではなく、楽天に入っているようなショップの場合、そのお店独自に、保障をつけている場合があります

例えば、楽天で、バイタミックス(Vitamix)を販売している店舗で、「SOUND JACK」というショップを見つけました。このショップでは、独自に次のような保障サービスをつけていました。
  1. 購入から10年間のサポート
  2. メーカー保障とほぼ同等のサービスを提供
  3. 保障期間中は何度でも修理が可能
  4. 修理工賃代金の負担なし(送料はお客様負担、7年間部品代負担なし)
などです。「当店では売りっぱなしはしません!」「お問い合わせ、アフターフォローを責任を持って対応をいたします。!!」とあります。つまり、一番肝心な、「保障は大丈夫なのか」という問題は、クリアーされたと言う訳です。また、3Pプラグを2つ穴のコンセントでも使用できる2P変換コネクタを無料サービスとあります。あとは、取扱説明書が日本語対応していない点ですが、そこを気にされない方には、平行輸入品の購入は、あり、だと思います。(2013/5/18追記:オリジナル日本語説明書付になったようです。「お客様のご要望にお応えして日本語マニュアルを作成しました!」とあります。こうなると、平行輸入品もかなり魅力的になります。特に2012年発売のニューモデルである「プロフェッショナル シリーズ300 」などは、従来の5200やCIAと同様のパワーを持ちながらも、40%も音を削減していて、さらにコンテナも従来と同じ2リットルの容量ながら、約6cm低くなっているわけで、とても魅力的です。)

この「SOUND JACK」という楽天のショップは、アメリカで発売されている、バイタミックス(Vitamix)のミキサーの様々な製品を扱っていますが、ただ、TNC5200は扱っていないようでした。TNC5200を扱っている他の店舗もあったので、保障内容を調べたところ、「保証:初期不良対応 」とのみ書かれていて、こちらの不安に答えるような内容ではありませんでした。

まとめると、、バイタミックス(Vitamix)TNC5200と同等レベルの機種をもっと安く買いたいということで、バイタミックス(Vitamix)の平行輸入品を狙うなら、保障の安心できる「SOUND JACK」という店舗の「CIA プロフェッショナル」というモデルが、おすすめかと思われます。


以下は、「SOUND JACK」という楽天のショップで販売されていた、アメリカで発売されているバイタミックス(Vitamix)のミキサー5機種の比較紹介です。画像のリンク先は、「SOUND JACK」のそれぞれの商品ページです。

バイタミックス(Vitamix)CIA プロフェッショナル
性能は、日本で販売されているバイタミックス(Vitamix)TNC5200と同じ。この機種のみ、4色展開されているところを見ると、アメリカでは最も売れている機種と思われる。価格面でもかなりお得。平行輸入品を狙うなら、最もおすすめの機種
>楽天で一覧表示する。

バイタミックス(Vitamix) ターボブレンド 2スピード
TNC5200のパワー調節のダイヤルがないが、価格はシリーズ中最も安い。パワーはTNC5200と同じ。
>楽天で一覧表示する。

バイタミックス(Vitamix)プロフェッショナル シリーズ300
2012年発売のニューモデルであり、価格でのメリットはほとんどない。 「従来の5200やCIAと同様のパワーを持ちつつ40%の音の削減に成功したNEWモデル。 コンテナも従来と同じ2リットルの容量ながら、高さが約6cm低くなっています。」
>楽天で一覧表示する。

バイタミックス(Vitamix)プロフェッショナル シリーズ 500
上位機種であり、高機能だが、価格面でのメリットはほとんどない。 「「スムージー」「フローズンデザート」「ホットスープ」の3つのモードがセットされており、モードを選んでいただくだけでアイスクリームやスムージーなどの冷たいデザートから、温かいスープまで簡単に作ることができます。」
>楽天で一覧表示する。

バイタミックス(Vitamix)プロフェッショナル シリーズ 750
2012年発売のニューモデルであり、5つの専用スイッチが搭載された、シリーズ中、最も高機能な機種。TNC5200より価格は高い。高機能な機種を狙う場合ならおすすめの機種。 「従来の5200やCIAと同様のパワーを持ちつつ40%の音の削減に成功したNEWモデル。コンテナも従来と同じ2リットルの容量ながら、高さが約6cm低くなっています。」
>楽天で一覧表示する。



■ 並行輸入品、どれがいい?

調査の結果、シリーズの「300」、「500」、「750」は、「TNC5200」よりも上位機種にあたるので、平行輸入品であっても「TNC5200」よりも価格面ではほとんど変わらないか、「750」は「TNC5200」よりも高くなってしまうようです。一方で、「ターボブレンド 2スピード」はシンプルな分、かなり安いです。「TNC5200」と同等機種にあたる「CIA プロフェッショナルでも、「ターボブレンド 2スピード」ほどではないですが、相当安かったです。ただ、為替も変動の問題があるので、値段はその時々で結構変化しているのかもしれません。



スポンサードリンク



【簡単ミキサーいらず】話題のグリーンスムージーで-10kgを目指す
  1. written by バイタミックス(Vitamix)でグリーンスムージー
  2. url|
  3. バイタミックスの平行輸入品で安く買う|

FC2Ad

編集