バイタミックスでグリーンスムージー

バイタミックスのミキサーでグリーンスムージー作り。Vitamixのミキサー最安値、安い値段で買う方法や、比較など。

グリーンスムージーダイエット

バイタミックス05

グリーンスムージーを飲むことによるダイエット方法、通称グリーンスムージーダイエットですが、グリーンスムージーを飲むことで、なぜ痩せることができるのでしょうか。

グリーンスムージーを、毎日飲み続けることがダイエットにつながるその理由として、考えられるのは、次の4点です。
  1. グリーンスムージーはビタミン・ミネラルが豊富であること。体の基礎代謝には、ビタミン・ミネラルが必要不可欠ですが、生野菜をミキサーで細かく粉砕することでそれらを摂取しやすくなります。基礎代謝を向上させる酵素も豊富です。
  2. グリーンスムージーにすることで、野菜や果物を丸ごと食べることができ、食物繊維を豊富に摂取できる。そもそも食物繊維とは、難消化性成分であり、消化にエネルギーを使う食べ物でありダイエットによい。また大腸の機能は食物繊維の存在を前提としたものであり、食物繊維不足は、大腸の機能不全につながります。
  3. グリーンスムージーの形で野菜をしっかり摂ることで、その後の食事でも血糖値が上昇がゆっくりになり、太りにくくなる。逆に炭水化物を先にとるような食事は、血糖値の上昇が早く、太りやすくなります。
  4. 毎日、新鮮な緑の野菜や、くだものを、グリーンスムージーの形で摂取することで、味覚が変わり、スナック菓子や清涼飲料水などが食べたいと思わなくなっていく。味覚の変化。食事が自然志向になっていく。

グリーンスムージーダイエットのやり方はシンプルです。

一日一食をグリーンスムージーに置き換えます。朝食をグリーンスムージーにするのが理想です。グリーンスムージーダイエットというのは、ダイエット方法として一時期話題になった、朝食をバナナに置き換えるバナナダイエットと同様に、置き換えダイエットの一種という側面もありますね。バナナダイエットが話題になったときは、バナナが品切れになったりしました。グリーンスムージーダイエットは、栄養をバナナだけに限定してしまうようなバナナダイエットより、より効果的なダイエット方法だと言えます。


前提となるグリーンスムージーとは、生の緑の野菜と果物と水(常温)をミキサーで攪拌して作ったジュースのことです。生の野菜というのが特徴です。そして、腸に優しいように、冷たくない常温の水を使います。果物は好きなものを使います。

グリーンスムージーに使う材料について3点、
  1. 緑の葉物野菜を使う。
  2. でんぷん質の野菜や豆類は使わない。
  3. 緑の葉物野菜は毎日違うものをローテーションして使う。
とされています。でんぷん質の野菜とは、キャベツ類、白菜、にんじん、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、トウモロコシ、オクラ、ナス、カボチャ、さやエンドウ、などです。でんぷん質の野菜は、果物との食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすいそうです。ちなみにごはんもでんぷん質です。


グリーンスムージーを飲み方の注意点は3つ、
  1. グリーンスムージーを飲む前後は40分ほどあけること
  2. そして他の食事はとらず、グリーンスムージーだけで食事を終えること
  3. 噛むようにゆっくり飲むこと
以上の3つです。

また、グリーンスムージーで摂ることのできないタンパク質は、その後の昼食や、夕食でしっかりとるようにしましょう。筋肉を作るにはタンパクが必要不可欠であり、筋肉量は基礎代謝量に直結します。筋肉量が多いほど、何もしなくてもカロリー消費量が多いのです。筋肉量が少なすぎるのは、痩せにくい体、と言えます。

詳しくは、「グリーンスムージーダイエット」という本がおすすめです。

「グリーンスムージーダイエット」
仲里 園子 (著), 山口 蝶子 (著)


雑誌、FRaU (フラウ) 2012年2月号に、優花さんのダイエット紹介がありました。


グリーンスムージーダイエットをするためのミキサーについては、こちらで解説しています。(→グリーンスムージーはバイタミックスでなければ駄目か?

グリーンスムージーダイエットをする方へ
グリーンスムージーダイエットに取り組まれる方へのメッセージです。



スポンサードリンク



【簡単ミキサーいらず】話題のグリーンスムージーで-10kgを目指す
  1. written by バイタミックス(Vitamix)でグリーンスムージー
  2. url|
  3. グリーンスムージーダイエット|

FC2Ad

編集